バンコク萬(よろず)ブログ

バンコクのローカルレストラン、屋台、観光地などの情報、場所、公共交通での行き方を極力丁寧にご紹介します。

バンコク郊外 観光地 買い物

アムパワー水上市場(ตลาดน้ำอัมพวา,Amphawa Floating Market)

投稿日:2021年2月6日 更新日:

バンコクから西南西方向約70kmに位置するアムパワー水上市場は、川沿いに色んなお店が並んでいて、船の上でもお店を営んでいる楽しい市場です。行き方と市場の様子をご紹介します。

アムパワー水上市場に行く方法はいくつかあります。鉄道を乗り継いで行くのも、道中の観光も楽しめていいですし、ミニバスで手っ取り早く行く方法もあります。

鉄道で行くには、国鉄SRTウォンウィアンヤイ(Wongwian Yai,วงเวียนใหญ่)駅から、マハーチャイ(Maha Chai,มหาชัย)駅バーンレム(บ้านแหลม,Banleam Station)駅と乗り継いでメークロン(Mae Klong Station,แม่กลอง)駅まで行って、メークロンのソンテウ乗り場からアムパワー水上市場まで行きます。乗り継ぎのタイミングにもよりますが、所要時間は3時間~4時間位です。それぞれの通過点は過去のブログで詳しく書いていますのでご参照ください。

ミニバスで行くには、バンコク旧南バスターミナル(ピンクラオ)(สายใต้เก่า ปิ่นเกล้า,Southern Mini Van Station Pinklao)まで行って、そこからミニバスに乗れば一発でアムパワーまで行くことができます。バスターミナルから1.5時間前後で到着します。

アムパワー水上市場の場所はこちらになります。

こちらがアムパワー水上市場の看板で、多くの人々が写真撮影をしていっています。幹線道路の横に人が渡る専用の橋がかかっていて、ここから川の左右にある船やお店などの市場の様子が一望できます。

川の岸はこんな様子で、船の上でお店が営まれている風景がこの市場の醍醐味の一つです。

こちらのお店の垂れ幕にはこう書いてあります。
อาหารทะเล(アハーンタレー, Arharn talea, Seafood menu):海鮮料理
อาหารจานเดียว(アハーンチャンディアウ,Arharn Chandeiyaw, Single dish):単品料理
ตำ-ยำ-ผัดไทย(タム-ヤム-パッタイ,Tam-Yum-Padthai, Spicy green papaya salad – Spicy salad – Fried rice noodle Thai style):ソムタム-ヤム-タイ風焼きそば

こちらは シーフードのお店です。美味しそうな焼きイカ、焼きカニ、焼きエビが売られています。

こちらもシーフードの焼き物のお店です。エビ、カニ、イカの他にも赤貝やホタテ貝に焼き魚も売られています。

こちらはラーメン屋さん。垂れ幕には以下のように書かれています。20バーツとはお値打ちです。お客さんが一杯で人気ですね。
ก๋วยเตี๋ยวลูกชิ้นหมูแดง(クイッティアオルークチンムーデーン,Kuayteow lukchin moo daeng):米麺ラーメン豚肉ミートボールと焼き豚入り(Rice noodle with pork meatballs and barbecued pork)
ก๋วยเตี๋ยวทะเล(クイッティアオタレー,Kuayteow thalea,Noodle with seafoods):海鮮入りラーメン
ต้มยำ(トムヤム, Tomyum, Sour spicy soup):トムヤムスープ(酸っぱ辛いスープ)
น้ำใส(ナムサイ, Namsai, Clear soup):クリアスープ
แห้ง(ヘーン, Heang, Without soup):スープなし
เย็นตาโฟ(イエンタフォー,Yentafo,Pink noodle soup):紅腐乳(豆腐を紅麹に漬けて発酵させた腐乳)入りの麺

船上だけでなく、岸にも色んなお店が沢山並んでいますので、一通り見て回るだけでも結構時間がかかります。

定番、仙草ゼリーも売られています。

アムパワーに来たら魚介類は外せない一品です。

川の反対サイドにも沢山のお店が並んでいて、目移りします。

通りに面したオープンな喫茶店もあり、冷蔵庫の中から好きな飲み物を取ってお金を払えば良いので、簡単です。

マッサージ屋さんもありますよ。

昼間には川沿いのお寺をめぐるボートツアーに夜は蛍鑑賞ボートツアーが運行されています。特に夜の蛍ツアーでは木の中で光る蛍がとても綺麗で幻想的で、なかなか見ることのできない風景ですのでお薦めです。

発着場のすぐそばに受付がありますので、こちらでお金を払って乗りましょう。

こちらにも受付があってお寺の位置図が示されています。

皆さん、ボートツアーを楽しんでいます。

こちらはゲーム。ボールをハート形の的に当てると、お姉さんが座っている板が外れてお姉さんが下の水の中にドボンと落ちる、というゲームです。

ホームステイできるところもあるようです。疲れた体を癒すためにゆっくりと休養するのに良さそうです。

川沿いから離れた所にもお店が沢山並んでいます。

市場の先端まで行くと、大きな川の景色を楽しむことができます。のどかで眺めていると時間がゆっくり過ぎてゆくような気分です。

アムパワー水上市場、楽しいところですので、是非一度訪れてみられてください。

-バンコク郊外, 観光地, 買い物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラマ9世駅そばの便利なショッピングモール セントラルプラザラマ9(Central Plaza Rama9) Bangkok

セントラルプラザプララマ9はバンコクの地下鉄MRTラマ9世駅に直結していて、お店が沢山入っている大型ショッピングモール。とにかく中は広くて初めはどこにお目当てのお店があるのか迷います。 外観はこんな感 …

見ごたえ十分な黄金仏寺院 ワットトライミット(วัดไตรมิตร,Wat Trimit) バンコク(กรุงเทพมหานคร, Bangkok)

参拝者が次々と訪れる黄金物寺院と呼ばれるワットトライミットに、見ごたえ十分、圧巻な黄金の仏像が奉られています。バンコクの中華街で有名なヤワラーの近くにあります。 寺院の外観はこんな感じで、金色と白色の …

国鉄 SRT ウォンウィアンヤイ駅(SRT Wongwian Yai) Bangkok

この駅はバンコクのチャオプラヤ川を渡って更に西部にあって、駅を見るだけでも楽しいですが、漁港や海産物が並ぶ市場で有名なマハーチャイ、その先の線路上に広がる市場で有名なメークロンに鉄道で行く時に重宝しま …

タイのバンコクにある映画で有名なお寺ワット・マハーブット(Wat Mahabut,วัดมหาบุศย์)

バンコクのプラカノンにあるこちらのお寺は難産で母子ともに亡くなったナークを祀ったお寺。お寺の概要、お寺へのアクセス方法の詳細を写真付きでご紹介します。 お寺の名前はワット・マハーブット(Wat Mah …

地元の人々で賑わう生鮮市場 フェイクワン市場(ตลาดห้วยขวาง,Huai Khwang Market) バンコク,Bangkok

バンコクには生鮮市場がいくつもあります。 市場には小売店がいくつも軒を並べていて、そこに人が集まってきて賑わいがあり、 売っているものは日本と異なりますが、昔懐かしいノスタルジックな雰囲気を感じます。 …