バンコク萬(よろず)ブログ

バンコクのローカルレストラン、屋台、観光地などの情報、場所、公共交通での行き方を極力丁寧にご紹介します。

バンコク郊外 観光地 買い物

フリーマーケット、屋台などが並ぶチュルンナコ-ン通りのお寺 ワットサウェーチャットワラウィハーン(วัดเศวตฉัตรวรวิหาร,Wat Sawetachat Worawihan) バンコク(กรุงเทพมหานคร, Bangkok)

投稿日:2018年11月10日 更新日:

路上販売店や屋台が並ぶ楽しい雰囲気のお寺です。お寺の前の道路にずらりとフリーマーケットのような雰囲気のお店が並び、お寺の中にも食べ物、食料品、洋服、花などを売っている屋台が並んでいて、楽しい雰囲気で、値段もとても安く、ローカル価格。
お寺の名前はワットサウェーチャットワラウィハーン(วัดเศวตฉัตรวรวิหาร,Wat Sawetachat Worawihan)。バンコクのチャオプラヤ川を西側に渡った郊外にあり、チュルンナコ-ン通り(Thanon Charoen Nakhon,ถนน เจริญนคร)の東側に面しています。

日曜日の朝早くからお寺の前の道路沿いに沢山の路上販売店が並んでいて、お客さんもお沢山いて、品定めをしています。
こちらのお店は雑貨屋さん。ハサミ、ホッチキス、電卓、カッター、傘など、小物類が売られています。中古品だと思います。スーツケースが300バーツとは安いです。

こちらのお店には、ダイヤル式の古い電話機、レコードプレーヤー、レコードに置物、お皿なども売られています。アンティーク好きの人はそそられるかもしれません。

สบู่(サブー,Sabu)と書いてありますので石鹸(Soap)ですね。1個7バーツとはとても安い。3個で20バーツと微妙な値引き設定が面白いです。タオルは1枚39バーツ、3枚で100バーツとあります。

こちらにはシャツが売られています。南国で売られているだけあって、涼しそうな布です。

こちらのお店の手前では時計、眼鏡に数珠、お守りが、奥では電池が売られています。

ノート、レポート用紙も売られています。3冊で20バーツのものや、1冊15バーツのものがあります。安いですね。可愛らしいデザインのものもあります。

こちらは食器類。皿、コーヒーカップ、急須、湯飲み、コップ、茶わん蒸し瓶、茶わんなどがずらりと並んでいます。

こちらにはGパンが売られています。180バーツとはとてもお値打ちです。トランクスも売られています。2枚で100バーツのものと3枚で100バーツのものがあります。お安いです。

チュルンナコ-ン橋(Saphan Charoen Nakhon,สะพาน เจริญนคร,Charoen Nakhon bridge)と書いてあります。この表示が無かったら、橋だと気づかずに通り過ぎてしまいそうなほど、短い橋です。

Tシャツも売られています。1枚60バーツとは、こちらも格安ですね。

50バーツ、89バーツのTシャツもあります。微妙に品質が違うのだと思います。

お寺の門の前に到着です。バイクやトゥクトゥクが止まっていて、買い物袋を下げた沢山の地元の人々が往来していてとても良い雰囲気です。

お寺の門の両側にも串焼きや揚げ物の屋台が並んでいます。

お寺の中もこんな感じで、洋服のお店、お花のお店、食べ物の屋台が並んでいます。
賑やかですね。

こちらのお店はカオマンガイなどの食べ物を提供しています。屋台の上に美味しそうな食材や調味料類が並んでいます。
お店の看板にはこう書いてあります。
ข้าวมันไก่(カオマンガイ,Khao Man Gai,Chicken rice):鶏の出汁で炊いたご飯の鶏肉乗せ
ไก่ทอด(ガイトード,Gai Tot,Fried chicken):鶏のから揚げ
บะหมี่เกี๊ยว(バミーギアオ,Ba Mee Geaw,Egg noodle mixed with pork dumplings):卵麺豚餃子入り
ขาหมู(カームー,Khao Ka Moo,Stewed pork leg): 豚足煮込み
ข้าวหมูแดง(カオムーデーン,Khao Moo Daeng,Rice with roasted red pork): 赤焼豚乗せご飯

お寺の奥の方にもお店が並んでいて、野菜類や肉類が売られています。

お寺の奥に進んでいくと、こんなお堂があったりしますので、タンブンするのも良いと思います。

更に奥に進んでいくと、また雑多な空間が現れます。シャツが売られていたり食べ物が売られていたり。

もっと奥に進む道があります。

突き当たるとチャオプラヤ川の眺めを楽しむことができます。のどかな川の向こうにバンコクのビル群が見えて、ボートも浮かんでいて良い眺めです。

こちらは船着き場になっていて、ワットサウェーチャット(วัดเศวตฉัตร,Wat Sawetachat)と名のついた停留所です。

客船が止まっていたので中に入ってみましたが、人影は見えず、動く気配が全くありません。

チャオプラヤ川を往来する客船の停留所は、旗の色で異なっています。
この停留所にはノーフラッグのボートしか止まらないようです。

ノーフラッグの営業は、平日の6:45~7:30と16:00~16:30で、ピンポイントでの運航のようで、土曜日と日曜日はお休みですので、完全に特定の人の通勤用ですね。

対岸のナイトマーケット、アジアティークザリバーフロント(เอเชียทีคเดอะริเวอร์ฟร้อนท์, Asiatique The Riverfront)までの渡しボートもあるようですが、ここだけ異常に高額な値付けなのが不思議です。対岸まで行くだけなのに1人だと300バーツ、7人で乗っても1人100バーツもします。

ワットサウェーチャットワラウィハーンの場所はこちらです。チャオプラヤ川の西側沿岸にあります。

行き方ですが、まず、高架鉄道BTSのクルントンブリー(Krung Thonburi, กรุงธนบุรี)駅まで行きます。

1番出口から出て大通りのクルントンブリー通りの北側歩道を少し西に歩くとバス停がありますので、そこへ行きます。バス停の場所はこちらです。

このバス停から、3番,84番,105番,120番,167番のいずれかのバスに乗ります。バスはクルントンブリー通りを東方向へ走り、南北に走るチュルンナコ-ン通りに突き当たって北に左折しますので、曲がった後のバス停で一旦下車します。
中継点のバス停はこちらです。

降車したバス停の道路を挟んで向かい側のバス停に行きます。
ここで、6番,89番,111番のバスに乗り換えます。
バスはチュルンナコ-ン通りを南方向に走っていきます。道路の横道の入口には、ソイの番号が表示されていて、乗車して次の横道の入口はソイ11で、南に走るほど番号が大きくなっていきますので、この数字を見ながら行きましょう。
ソイ25がお寺の中を走る道路となっていて、このソイを通り過ぎてすぐの所にバス停がありますので、ここで下車します。お寺の入口を少し過ぎたところに停車します。バンコクの路線バスの乗り方の詳細はこちらをご参照ください

ローカルな雰囲気満載で、リーズナブルなお店がたくさん並んでいるワットサウェーチャットワラウィハーン。近くに立ち寄った際などに訪れてみられては如何でしょうか。

-バンコク郊外, 観光地, 買い物
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベンジャキティ公園(Benchakitti Park,สวนเบญจกิติ) バンコク(กรุงเทพมหานคร, Bangkok)

バンコクの中心部、アソークの少し南に癒しの空間があります。広い敷地の中大きな池とそれを囲むように緑地があって、散歩を楽しむ人々、ランナーの人々、ロイクラトン(วันลอยกระทง, Loy Krat …

プララマガーオ(Phra Ram 9)駅そばのフォーチュンタウン(Fortune Town) Bangkok

家電、オーディオ、モバイル機器、PC用品などを入手するのに便利なフォーチュンタウン。フロアには沢山のお店が入っていて、圧巻です。携帯電話やスマホの中古品を扱うお店もあって、品揃えもかなりあります。携帯 …

ワットソートーン(Wat Sothon) タイで2番目の参拝者数を誇る見ごたえ十分な大寺院 タイ,Thailand

ワットソートーン(Wat Sothon,วัดโสธร)はとても立派な造りの本堂が見ごたえあって、卵をお供えする参拝所が隣にあったり、市場もあって、とても賑やかな所です。タイで2番目に参拝者が多いお寺 …

港町の海鮮市場 マハーチャイ(Maha Chai Market) Thailand

バンコクの南西方向30km程度行ったところにあるマハーチャイには新鮮な海産物が水揚げされる漁港があって、魚介類をはじめ、様々なお店が並ぶ市場があり、訪れる多くの人々で賑わっています。 マハーチャイ市場 …

国鉄 SRT ウォンウィアンヤイ駅(SRT Wongwian Yai) Bangkok

この駅はバンコクのチャオプラヤ川を渡って更に西部にあって、駅を見るだけでも楽しいですが、漁港や海産物が並ぶ市場で有名なマハーチャイ、その先の線路上に広がる市場で有名なメークロンに鉄道で行く時に重宝しま …