バンコク萬(よろず)ブログ

バンコクのローカルレストラン、屋台、観光地などの情報、場所、公共交通での行き方を極力丁寧にご紹介します。

Sathon サトーン レストラン屋台

バンコクチャン通り(Thanon Chan,ถนนจันทน์)の美味しいガオラオ(เกาเหลา,soup)屋台

投稿日:2018年2月3日 更新日:

タイに行くと、辛い料理が多いです。
それはそれで美味しいのですが、胃にやさしい料理も食べたくなります。
そんなときに重宝するのが、ガオラオ(เกาเหลา,soup)。
豚や牛の内臓を煮込んだスープで、個人的にはとてもお気に入りのメニューです。
朝食にぴったり。

バンコク(Bangkok)チャン通りのソイ4にあるガオラオ屋さん、とても美味しいと思います。
日本でもそうだと思いますが、タクシーの運転手さんがよく訪れる食べ物屋さんは美味しい証拠ですね。

お店はチャン通りのソイ4南西側角にあります。
お店の外観の様子です。

お店はお客さんで一杯です。

コンスタントにお客さんが訪れています。

忙しそうな厨房の様子。

ケースには大きな揚げた豚肉が吊られています。美味しそうです。

メニューはこちら。とてもシンプル。

ธรรมดา(タマダー,普通盛,Tamadaa,Regular)
พิเศษ(ピセー,大盛,Phiseet,Big)
หมูกรอบเปล่า(ムーグローブプラオ,揚げ豚肉単品, Moo Grob Kao,Deep fried pork)
ข้าวเปล่า(カーオプラオ,ご飯,Khaoplao,Rice)

何にしますか?と聞かれます。
タマダーと伝えました。
それ以上何も言わないと、ご飯もセットになります。

運ばれてきました。

様々な部位の豚の内臓(モツ)、豚の血を固めたゼリー、野菜が入っています。
豚のモツは臭みが全くなく、旨味が口の中で溢れます。
豚の血のゼリーはその名から想像できないくらいあっさりしています。
スープもモツの出汁が出ていて、美味しさが全身に伝わる感覚です。
揚げ豚肉とニンニク揚げもインパクトになっています。
激しく旨いです!

ガオラオはそのまま食べても美味しいです。
お好みでコショー(プリックタイ,Phrik Thai,พริกไทย)を振ったり、定番の調味料セットを混ぜたたれを作ってつけて食べるのも美味しいです。
調味料セットには以下のものが置いてあります。
魚醤:ナンプラー(Nam Plaa,น้ำปลา)
粉唐辛子:プリックポン(Phrik Pon,พริกป่น)
生唐辛子入りの酢:プリックナムソン(Phrik Nam Son,พริกน้ำส้ม)
砂糖:ナムターン(Nam Taan,น้ำตาล)

こちら混ぜて作った調味料。
これにモツをつけてご飯と一緒に食べるのも美味しい。

お店の前の通りを走っているソンテウの様子。

こうやって風景を眺めながら食べると一層美味しく感じます。
わざわざここまで行ってでも食べたくなるお店です。

お店の場所はこちら。

行き方ですが、自身は地下鉄MRTルンピニー(Lumphini, ลุมพินี)駅からバスかソンテウで行きます。

地下鉄MRTルンピニー駅の場所はこちらです。

2番出口から出て、西南西方向に、大通り、サトーンタイ通り(Sathon Tai Road,ถนนสาทรใต้)を進んで、行くと、徒歩3分程度でバス停があります。
バス停の場所はこのあたりです。道路の南側です。

バス停の風景はこんな感じです。

目的地に行くには62番のバスに乗ります。バンコクの路線バスの乗り方の詳細はこちらをご参照下さい

ソンテウも手を横に出して意思表示すればバス停付近で止まってくれます。

62番バスがなかなか来ないときは、ソンテウを使うのですが、ソンテウは2つのルートが存在するようで、いまだに見分け方がわかりません。
ですので、とりあえず来たら乗って、マップを見ながら想定の道を外れたら降りて、その後歩くなり、乗り換えるなりしています。
バスもソンテウも以下の道を走っていきます。
サトーンタイ通り(Sathon Tai Road,ถนนสาทรใต้)を進み、左折してスアンプルー通り(Suan Phlu Road,ถนนสวนพลู)に入ります。突き当りのンガムドゥプリー通り(Ngam Duphli Alley,ซอยงามดูพลี)を右折してすぐにまた左折してナンリンチー通り(Nang Linchi Road,ถนนนางลิ้นจี่)に入ります。しばらく進んでチャン通り(Thanon Chan,ถนนจันทน์)を右折してそのまままっすぐ進んでいきます。

BTSスラサック(Surasak, สุรศักดิ์)駅から77番バスに乗って、ナラティワズラチャナカリン通り(Naradhiwas Rajanagarindra Road,ถนนนราธิวาสราชนครินทร์)とチャン通りの交差点付近で降りて歩いていく方法もあります。

ご参考まで。

-Sathon, サトーン, レストラン屋台
-, , ,

執筆者:


  1. yusuke より:

    こんにちわ^^
    ガオラオ美味しそうですね。
    澄んだスープがより一層食欲を掻き立てられます!
    僕も豚の血のゼリーは好きですが、臭みがないのは新鮮な証拠なんでしょうね。
    以前自分でも作ってみようと調べたら、豚の血に塩を入れて数十分待つだけ。
    あまりのシンプルなレシピに唖然です(笑)

    それにしても萬さんのブログはタイ語メニューの翻訳やアクセスの説明が丁寧で、他のブログとは一線を画したものがあり、読んでいてとても参考になります。

    ちなみに僕は2/17からバンコク行くので、ホイクワンのモーファイ屋に行って見たいと思います^^

    • bangkokyorozu より:

      yusuke様
      コメントありがとうございます。
      ここのガオラオ屋さん、お気に入りです。
      豚の血のゼリーをご自身で作ろうとなさるとは、タイ料理通ですね。
      作り方初めて知りました。
      バンコクご訪問、うらやましいです。
      どうそお気をつけて!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サパーンクワイの美味しいクイジャップのお店 クイジャップクンヂェオ バンコク(กรุงเทพมหานคร, Bangkok)

茹でたマカロニのような米の麺に肉や内臓やゆで卵などの具材を入れて、スープを加えた食べ物がクイジャップ。美味しいクイジャップにありつけるお店がサパーンクワイにあります。 お店の名前はクイジャップクンヂェ …

バンコクラチャダピセークソイ3(Ratchadaphisek soi3, รัชดาภิเษก ซอย 3)にある美味しいカオマンガイ(ข้าวมันไก่, Kao Man Gai)屋

ラチャダピセーク通りはバンコクを南北に縦断するように走り、地下鉄MRTも走っていて、都会の雰囲気も少しありながら、昔ながらの街並みも残っているエリアです。 そのラチャダピセーク通りのソイ3(Ratch …

下町情緒溢れる商店街 ラップラオソイ1(Lat Phrao Soi 1, ลาดพร้าว ซอย 1) バンコク(Bangkok)

ラップラオソイ1(Lat Phrao Soi 1, ลาดพร้าว ซอย 1)と呼ばれる下町情緒溢れる商店街がバンコクの地下鉄MRTパホンヨーティン(Phahon Yothin,พหลโยธิน) …

アロイネーノン(Aroy Naenon,อร่อยแน่นอน) バンコクのイサーン料理レストラン

アロイネーノン(Aroi Naenon,อร่อยแน่นอน)はイサーン料理を手ごろな値段で食べられるメニュー豊富なお店です。アロイネーノンとはタイ語で、もちろん美味しい、という意味です。 イサーン …

とても美味しい豚のモツ煮スープのお店 ハーバイタオ(ห้าใบเถา, Haa Bai thao) クルントンブリー(Krung Thonburi, กรุงธนบุรี) バンコク(กรุงเทพมหานคร, Bangkok)

ガオラオルアッドムーはタイの定番料理。一言で言いますと豚のモツ煮スープ。こちらのお店、臭みが全くなく良く煮込まれた豚のモツ、揚げ豚などの具材がたっぷり入っていて、スープも濃厚でとても美味しいです。 お …